歯と口元を美しくするための専門の矯正歯科・歯科審美の医院

インビザラインで素敵なスマイルに
なるために知っておきたいこと

インビザラインで素敵なスマイルになるために知っておきたいこと

まずインビザラインの作成方法とその特徴を知ろう

笑顔が素敵な女性

自分の歯がどのように移動して、最後にどのような並びになるのか画像でイメージを確認することが出来ます。

マウスピース型矯正装置による治療法は世界中いろいろありますが、商品名:インビザライン(薬機法対象外)は矯正歯科医が持つ矯正診断学と経験というアナログ的な部分を緻密なデジタルデータを使って具現化する、次世代の矯正治療法です。
インビザラインはデジタルスキャニングとデジタルデータを元に作られます。まずiTero Element により歯や歯並びの精密スキャニングを行い、今の歯や歯並びをデジタル化致します。最新型のiTero Elementは従来のiTero2.9 に比べ、40%小さく、20倍早くなり、1秒間に撮影するフレーム数は7.5倍の6000枚。従来型よりも、快適・高速・精密に歯型のデータを3Dデータに変換していきます。この3Dデータはインターネットを介して即座にコスタリカのエンジニアに送られ、クリンチェックというマウスピース型矯正装置専用の設計ソフトウェアに組み込まれます。その後、担当医が計画した治療計画書に則って歯の移動のための3Dデータが作成されます。このクリンチェックは、歯の移動様相を専用のソフトで確認することが出来るという画期的なシステムです。担当医はもとより患者様自身も見ることが出来ます。自分の歯がどのように移動して最後にどのような並びになるのか画像データで直接イメージを確認することが出来るのです。

クリンチェックシステムの欠点と矯正歯科スマイルコンセプトでの改善方法

笑顔が素敵な女性

クリンチェックの動画を確認すると良く治っていくように感じられますが、それは少し妄想と考えたほうが良いかもしれません。

クリンチェックは、画期的なシステムと申し上げましたが、大きな欠点があります。
アラインテクノロジー社から送られてきたクリンチェック上の歯の配列はアラインテクノロジー社のエンジニアが単に歯を並べ替えただけのものなのです。

サンプル画像を見て頂くとわかりやすいと思いますが、画像には歯が映し出されていて実際治療中、歯がどのように移動するのかについてはとてもよくわかります。しかしながらクリンチェックは、歯がどのように移動するのかというマウスピース矯正治療中の各ステップの確認、言い換えますと「治療経過の確認」が出来るにすぎず、「最終的なゴール」を示したものではないということです。この点が、非常に重要な点です。クリンチェックの動画を確認すると、なんだかすごく良く治っていくように感じられ、治療結果には満足が得られるように感じてしまいますが、それは少し妄想と考えたほうが良いかもしれません。
繰り替えしますが、治療ゴール(最終目標)が抜け落ちているのです。この部分について詳しく説明してまいります。それでは、少しご質問をさせてください。

Q「もし矯正治療をしたら、あなたはどのようになりたいですか?」
Q「矯正治療後、あなたはどんなことをしたいですか?」
すこし大袈裟ですが
Q「矯正治療後、あなたは、どのような人生を送りたいですか?」
A「.....」
笑顔が素敵な女性

矯正治療の目標は、つまり「どのようになりたいのか」は、患者様ごとにそれぞれ違います。

矯正歯科 スマイルコンセプトに訪れる患者様は、折角矯正するからには、「歯並びもキレイにしたいけれども、口元の出っ張りを治したい」、「横顔を美しくしたい」、「人前で大きく、遠慮せずに笑えるようになりたい」、「歯の並びを整えたいけれども、歯の色も良くしてキレイになりたい」とのご要望をお持ちの方がほとんどです。
単にある部分の歯の並びだけを整えたいという方は、ほんの少数です。また、「何となく矯正治療をしましたが、矯正治療後、私がなりたかったような、歯並びや顔になっていない」と後悔されている方も数多く訪れている現実があります。結局のところ皆さん「すてきな笑顔」や「キレイな口元」になりたいと思う方がほとんどなのです。

笑顔が素敵な女性

患者様それぞれのお顔立ちや個性、骨格のバランス、唇と歯の関係、スマイルラインやスマイル時の唇の位置や動き、表情などを考慮しなくてはなりません。

話を戻しますが、クリンチェックシステムだけによって計画された歯並びの治療シミュレーションは、単に歯のならびだけを整えることを計画されたマウスピース型矯正装置なのです。個々の患者様が「矯正治療後、どのようになりたいのか?」等の個々の要望が治療計画の中に組み込まれていないのです。
言い換えますと、矯正治療をしたら、歯並びが整いながら、患者様の笑顔がどのように変化するのか、歯並びが整ったらどのようなスマイルになるのか、顔全体との歯のバランスはどのようになるのか、口元はどのくらい美しくなるのか、等について一切考慮されないで治療計画が立てられていることになります。クリンチェックシステムは、ただ歯の凸凹だけが、整うように移動させているにすぎません。患者様それぞれのお顔立ちや個性、骨格のバランス、唇と歯の関係、スマイルラインやスマイル時の唇の位置や動き、表情などを考慮しなくてはなりません。そのためクリンチェックシステムだけで、インビザライン治療を行った場合、当然単に歯の凸凹が整うだけの治療結果となってしまうのです。インビザライン治療後、口元が美しくなっていない、スマイルが良くなっていない、という現象を導いてしまったのは、この欠点を見落として治療を進めてしまった結果なのです。この点がクリンチェックシステムの最大の欠点であると言えるでしょう。

矯正歯科 スマイルコンセプトでは
この大きな欠点を解消するため、
まず初めに治療ゴールを
デジタルスマイルデザインによって
個別に設計致します。
次のページではインビザラインでの治療に必要なことをご紹介します

^

渋谷医院
横浜医院