歯と口元を美しくするための専門の矯正歯科・歯科審美の医院

マウスピース型矯正装置のメリット

マウスピース型矯正装置のメリット

来院間隔が長い

メリット1

ワイヤー矯正の場合はおおよそ4〜6週に1度の調整が必要ですが、マウスピース型矯正装置を使用した治療の場合は6〜12週間ほどの来院間隔をあけることができます。

処置時間が短い

メリット2

マウスピース型矯正装置の場合、基本的に装置がフィットしているかどうかをチェックして、問題がなければ処置が終了します。普段の処置時間の平均は15〜30分程度。ワイヤー矯正の場合は30〜60分程度の処置時間となります。

治療期間が短い

メリット3

デジタルセットアップにより、歯の移動の最短距離を探すので、治療期間が短くなります。スマイルコンセプトではさらに近赤外線照射装置を併用することもできます。

救急対応を要することがほとんどない

メリット4

マウスピース矯正で使用する装置は、非常にシンプルです。そのため、装置が壊れたり、口内炎ができたりする心配がほとんどありません。

痛みが少ない・痛くない

メリット5

マウスピース型矯正装置のなかでもインビザラインは、1枚あたりの歯の移動量がコンピューターで管理されており、従来型のワイヤー矯正に比べると痛みは減少しています。スマイルコンセプトではさらに近赤外線照射装置を併用し治療中の痛みを軽減することもできます。

食事制限がない

メリット6

硬いものやくっつくもの、ワイヤー矯正では制限される食べ物も、マウスピース型矯正装置なら自由に食べられます。痛みも少ないので、特別に柔らかい食事を用意する必要はありません。

食事制限がない

メリット7

歯磨きの時に装置を外すことができますので、歯磨きやフロスも今と変わらず普通に行えます。矯正治療中の歯磨き不良による虫歯や歯周病のリスクはワイヤー矯正に比べて格段に低く、歯の表面が白く脱灰してしまうようなこともほとんどありません。

メタルフリー

メリット8

金属は含有していませんので金属アレルギーの心配のある方もマウスピース型矯正装置を用いた治療なら安心して行えます。

口臭や虫歯も簡単に予防できる

メリット9

マウスピース矯正にすると、矯正中の口臭発生を効果的に防ぐことができます。なぜなら、使用する矯正装置に口臭予防や虫歯や歯周病予防の薬剤などを併用し、効率的に薬剤を浸透させることまでできるからです。

^

渋谷医院
横浜医院