歯と口元を美しくするための専門の矯正歯科・歯科審美の医院

インビザライン矯正で守るべき3つの約束

インビザライン矯正で守るべき3つの約束

理由1|特殊な素材

笑顔が素敵な女性

マウスピースは1日20時間以上装着する

インビザライン矯正を成功するために最も重要なことは、透明なマウスピースを1日20時間しっかり使用することです。就寝中だけでなく、基本的には昼間も装着しておく必要があります。食事をする時や歯磨きする際は、マウスピースを一旦 取り外しましょう。食事や歯磨きが終了した後は、忘れずにマウスピースを戻すようにすることが大切です。
インビザライン治療では、マウスピースをしっかり装着していないと歯は動きません。別の言い方をすると、インビザライン治療では、マウスピースさえしっかり使用できれば歯並びや噛み合わせをキレイにすることが出来るのです。

理由1|特殊な素材

笑顔が素敵な女性

1~2週間毎にマウスピースを交換する

インビザライン矯正では、透明なアライナーを一定ペースで交換する必要があります。
交換するマウスピースは、あらかじめ順番が決まっています。その順序にしたがって、一定ペースで新しいマウスピースに交換します。尚、交換ペースは、患者様ごとの歯の移動様相を確認後決定致します。しっかりご利用になられていて、歯の移動が順調の場合には、少し交換ペースを早めることが出来ますので、がんばって使用して下さい。
各マウスピースには、歯が約0.2mmずつ移動するよう個々の歯に矯正力が加わるシステムになっています。そのため、新しいマウスピースに交換した直後は、何となくきつい感じがしたり、歯が押されているような感覚を感じることがありますが、使用中徐々に違和感は消失します。

理由1|特殊な素材

笑顔が素敵な女性

おおよそ2ヶ月毎に通院する

インビザライン矯正中は、おおよそ2ヶ月ごとに通院する必要があります。
おおよそ2ヶ月ごとに診察を行って、矯正治療の進み具合を確認したり、マウスピースにアレンジを加えたり致します。治療の進捗状況が良好な場合、もう少し通院間隔を伸ばすことも出来ます。また急な留学や転勤の場合、遠隔地から治療の進捗状況を確認できるシステムも取り入れておりますので、安心して治療を継続することが出来るシステム作りをしています。ただし通院が全く滞ってしまったり、推奨時間を大幅に守れない状況が続いてしまいますと治療期間の延長や治療目標の変更等を余儀なくされてしまいますので注意が必要です。

歯列矯正治療を行っている際は、きちんと幾つかのルールに従って治療を行うことが重要となってきます。

^

渋谷医院
横浜医院