歯と口元を美しくするための専門の矯正歯科・歯科審美の医院

マウスピース矯正成功の秘訣その1 マウスピースの交換

マウスピース矯正成功の秘訣その1 マウスピースの交換

マウスピースの交換

マウスピース矯正

成功するためには、マウスピースの交換を適切に行うことが重要。

マウスピースをただ装着するだけでは、マウスピース矯正を成功することはできません。
成功するためには、マウスピースの交換を適切に行うことが重要です。マウスピース矯正におけるマウスピースの交換について詳しく説明します。これでマウスピース交換を間違えなく行えるようにもなります。

交換するマウスピースは、たくさんある!

マウスピース矯正
マウスピース矯正で使用するマウスピースの数は、一般的には30〜40枚ほどです。
もちろん、軽度なケースでは、10〜20枚ほどのマウスピースで治療が完了することもあります。逆に、不正が重度もしくは難しいケースでは、マウスピースの総数が100枚近くにおよぶこともあります。マウスピースの個数は、元々の歯並びの状態と最終的にどの部分をどのように治すのか、要は、最終的な治療目標で大きく変わるのです。多少の凸凹を治すだけでしたら数は少なめ、出っ歯を治す、口元を大きく後退させるといった目標ですと数は多めになります。同じ人でも治療目標の差によってマウスピースの数も変わってきます。そのため、初めの治療計画が非常に重要になる矯正治療法です。

交換するマウスピースには、順番がある!

マウスピース矯正で使用するマウスピースには、番号が付いています。マウスピースを交換する際は、その順番に従って交換する必要があります。適正な交換によって、毎回歯並びが約0.2mmずつ変化する仕組みになっています。

マウスピースの交換には、適正なサイクルがある!

マウスピース矯正では、個々のマウスピースシステムによってマウスピースを交換するサイクルが決められています。たとえば、インビザラインというマウスピース矯正システムの場合では、1~2週間毎にマウスピースの交換を行います。この交換ペースを患者さん自自身で変えてしまっては、効果的な歯の移動は生じません。つまり、毎日交換したり3日毎に交換したりしては、折角の治療も台無しになってしまいますので注意が必要です。そのため一般的には矯正治療期間を勝手に早めたりすることはできないと考えて頂くとよいと思います。

交換ペースは、変えることが出来る!

しかしながら現在では、交換ペースを早める治療のオプションがあります。幾つかの補助装置を併用することで、歯の移動を促進させマウスピースの交換を早めることが出来ます。つまり2週間ごと交換していたものを1週間ごとに交換することが出来ると単純に治療期間が約半分に短縮するということが出来る様になります。ご興味がある方は、初診相談の際にご相談下さい。

次に使用するマウスピースは?

マウスピース矯正
新たに交換するマウスピースは、パックの表示を見ることで確認することができます。
たとえば、「37 of 38」または「10 of 42」との表示がある場合、それぞれ「38枚中37番目」「42枚中10番目」のマウスピースであることが分かります。
そのため、6番目のマウスピースに交換する際は、「6 of ● 」と記載してあるパックを選びましょう。

使用中のマウスピースは、何番目?

マウスピース矯正
マウスピースを直接確認することで、「現状のマウスピースが何番目のものか」を知ることができます。たとえば、マウスピースの奥歯の方の部分に小さな文字が書き込まれています。「03N」または「10 N」と記載してある場合、そのマウスピースがそれぞれ「3番目」「10番目」のマウスピースであることが分かります。
まとめ

マウスピース矯正を成功するためには、マウスピースの交換を適切に行うことが大切です。
ただし、マウスピースの交換の際は、使用する順番と交換するサイクルをしっかり守ったうえで交換を行いましょう。

次のページではマウスピースの適合を向上させる補助アイテムをご紹介します

^

渋谷医院
横浜医院